株式累積投資の対象銘柄は全銘柄ではなく、各証券会社が選んだ銘柄の中から投資する銘柄を選ばなければなりません。

また、毎月決められた買付日の寄付きの値段(成行)で購入します。売買手数料や口座管理料は証券会社によって異なります。購入した株式は取扱った証券会社名義となり、配当金や株式分割で生じた株式などは持株数に応じて配分されます。売却は原則いつでも可能で、売却申し込みの翌営業日の寄付値で売却できます。

【てつやの株】片手間副業で毎月300万円の株式投資法

株式ミニ、投資も少額の資金で株式を購入できる特徴がありますが、株式累積投資とは大きく異なります。

株式ミニ投資は通常売買できる株数(単元株数)を10分の1にしたものです。例えば株価が1000円の株式を1000株購入するには100万円必要ですが、株式ミニ投資なら10万円で購入できます(手数料等は別途必要)。

売買はいつでも可能ですが、対象銘柄は証券会社が選定した銘柄から選び、申込日の翌営業日の寄付値で売買します。

購入した株式は取り扱い証券会社名義となりますが、配当金や株式分割などは株数に応じて配分されます。持ち株数が単元株に達した場合は、その株式は通常の単元株と同じ取り扱いになります。

株式ミニ投資は複数銘柄を組み合わせた銘柄分散、何回かに分けて買付ける時間分散など、個人投資家が少額の資金でリスクを低減させたいときに利用すると便利です。

Comments are closed.

Post Navigation