Category Archives: その他

このサイトではFX・株取引・不動産投資に役立つ知識と情報についてご紹介していきます。

株もFXも、情報やチャートを分析して取引を行うのならどちらも共通したやり方が有効に機能します。値動きは結局のところ、取引する人間の心理そのものだからです。

たとえ株の投資先に関する業績判断にしても、FXに関する金利調整のニュースなどがあったとしても、具体的な売買タイミングは結局チャートや大きな価格変動でタイミングを判断して売買するからです。

チャートを見ずに取引するのは、よほどの初心者か、莫大な余裕資金を有する大投資家だけです。

そろそろ底値だから買おうとか、天井だから売ろうとか、値が行き過ぎたから逆を売買しようとか・・チャートは人間の心理の鏡で、それはFXでも株取引でも商品先物取引でも共通だからです。

だからチャートや情報の分析力を身につけておけば、為替相場が動く時はFXで利益を出せるし、株の出来高が増えて値動きが活発になってきたら株取引をすれば良いだけです。どちらも基本はチャート分析、知識、情報だということです。

またFXも株取引もあなたのメンタル(精神)コントロールが最も重要です。それは含み損に耐える忍耐力のことではありません。それはかえって損失を大きくしてしまい、退場しることになります。

むしろ逆で、あなたの思惑と逆に動き始めたら直ぐに損切り(ロスカット)できる自己制御能力・・これがメンタルコントロールです。

これができないと単にギャンブルになってしまい、資金を全部失うという恐ろしい結末が待っているのです・・

たとえばある日、市場全体で5,000債円の資金不足であったとしましょう。この場合に最も多く用いられる手段が、短期国債(期間6ヵ月あるいは1年として発行された国債=TB)の買いオペレーションです。

インターバンク市場で活動している多くの金融機関から、日本銀行はTBを5,000債円買い付けるとしましょう。当然このときには、日本銀行から市場へ5,000債円の資金が供給されることになります。そうなると市場では「資金過不足なし」です。これを専門家は「トントン」といいます。

逆に、市場で資金が余剰の場合には、余っているお金を吸収するためにTBの売りオペを行うのが一般的です。たとえば1兆円のお金が余っているのなら基本的には1兆円のTBを売却、1兆円のお金を吸い上げて「トントン」に持ち込むのです。

このように「トントン」になるように調整することを、「中立的な金融調整」といいます。「緩めもせす締めもせす」がこれです。

長年にわたって低金利に据え置かれていた先進諸国の金利水準が、2004年春以降、いよいよ本格的な上昇局面に入ってきました。

世界的な景気スローダウンの影響を受けて、主要国は政策的に低金利政策を余儀なくされてきたのですが、2004年6月を境に、長らく眠りについていた金利は、一気にその水準を切り上げつつあるのです。

最初に動いたのは米国の政策金利でした。

それまで1%という極めて低い水準を維持してきた米国のFFレート(金融機関が互いに短期の資金を貸借する時に付く金利=最も重要な政策金利)が2004年6月に0.25%引き上げられたのを皮切りに、それ以降15回にわたって連続で引き上げられることになったのです。

2006年4月時点では4.75%です。2年弱の間にこれだけ政策金利が急速に上がるということは非常に珍しいことです。

「現代用語の基礎知識選 2016ユーキャン新語・流行語大賞」が、今日発表されましたね。

私の予想通り、「神ってる」でしたよ~!!

受賞の様子をニュースで見ましたが、
鈴木誠也外野手が、「自分が言った言葉ではないのですが。。」って恐縮している姿がめちゃくちゃ可愛かったです(笑)

去年の一位「トリプルスリー」は、なんとなくピンとこない人もいたらしく、
ニュースでのコメントやネットのコメントを見ても、
ちょっと納得いってないって人も多かったみたいです。

でも、ことしの一位は文句なし!

黒田投手の「男気」も、私の中では一押しなんですよね。

ポケモンGOも入賞していましたが、
若い世代のアンケート結果では抜群の人気だったと思いますが、
一位にはなれませんでしたね。

今年は一月から大きなニュースが立て続けに起こってたので、
もうずいぶんと忘れている事柄も多いかもしれません。

そうそう。不倫も多かった年でしたしね。

清純で真面目なイメージで売っていたベッキーだけが制裁を受けた感じになってたので、
ちょっとかわいそうかなあって思ったものです。

さて、来年こそ!はいい年になりますように。

ベッキーももっと活躍できるといいですね。